歴史が長い卵子提供エージェント、TFC。マレーシアでの卵子提供、タイでの着床前診断。

Sample site
お申し込み・お問い合わせ

不妊とストレスの関係

不妊がストレスを大きくする

ストレスの原因はたくさんありますが、妊娠しようとしていてもできないストレスは相当大きなものとなります。
特に不妊は、誰に対しても簡単に言えるというものではありませんので、他の悩みのようの女性同士で気軽におしゃべりもできません。
また夫が不妊治療に関心がなく、相談にも乗ってくれないというカップルも多く、その場合、当事者である妻一人で苦しみ、追い詰められることもよくあります。

そして、このような状況がされに深いストレスへと突き進んでゆくのです。

不妊とストレス

科学的データが出ている不妊とストレスの関係

この研究結果が、”Human Reproduction” 誌オンライン版に載りました。
オハイオ州立大学が研究したのが、ストレスは不妊に影響するという科学的な実験です。

どうやって研究したかというと、唾液に含まれるαアミラーゼとコルチゾールというストレスの指標になるものがあります。
このαアミラーゼとコルチゾールを多く持つ女性は、それらが少ないグループに比べ、1年以内に妊娠する確率が29%少なく、不妊症に該当するリスクが2倍以上でした。

どうやら確実に、ストレスと不妊は関係があるようです。

 

入ってはいけない不妊スパイラル

不妊よりに、起きたストレスが、また不妊を起こすことをご存知ですか?
不妊がストレスを生み、更に不妊となっていく、不妊スパイラル。
避けたいとことですよね。

TFCでも多くのクライアントのサポートをしている中で、「あまり心配されないように」、「安心ください」など、いつも心がけて伝えております。
これもやはり、クライアントのストレスを軽減し、治療を有利に進めるためなのです。

不妊治療を行われている方は、どうか一つ一つの出来事に落ち込んだりせず、前向きに明るく望んで頂ければ一番良いかと思います。
また不妊治療に専念するのではなく、趣味や軽い運動、おしゃべり、そして毎日笑うこと。
これらがなによりの不妊対策となるのではないでしょうか?

 

Copyright 2014 TFC Thai Fertility Center
2014-03-28
このページのトップへ