マレーシアでの卵子提供、着床前診断による体外受精プログラム

Sample site
お申し込み・お問い合わせ

男性不妊と造精機能障害

男性不妊といっても、その原因は精子をつくる過程に問題がある場合や、性生活上に問題のある場合など様々ですが、その男性不妊の9割以上を占める原因は「造精機能障害」と言われています。
造精機能障害とは、精子が精巣でつくられる過程に何らかの問題があり、副性器(睾丸)にトラブルがあると、精液がつくられなかったり、精子の運動率が悪くなったりします。

まず、検査の第一歩は精液検査ですが、一定の禁欲期間をおいて採取された精液から、精子数、運動率、精子の形態などを検査します。
WHO(世界保健機関)の基準値を満たしている、もしくは近い数値であれば特に問題はありませんが、精液の状態は体調やストレスによって大きく左右されますので、何度か行いましょう。


原因の多くを占める造精機能障害は、軽度な乏精子症から無精子症まで程度はざまざまです。
精液検査を手始めにいろいろな検査を進めていくと、男性機能のどこに問題があるのかが分かってきます。

<主な3つの原因>
特発性造精機能障害
原因がこれといって特定できないものの精子がうまく作れない状態。

精索静脈瘤
精巣から出ている静脈にこぶができ、血液が逆流して陰嚢があたたまり、精子がうまく作れない状態。

染色体異常
染色体異常があると、精巣が精子をつくれるほど成熟していなかったり、あるいは精巣の中で精子を作る過程がうまく機能していない状態。

その他の原因としては、ごく少数ですが「両側停留精巣放置」「耳下腺炎性精巣炎」などがあります。
検査をしても不妊の原因が分からない事はありますが、自分たちの食生活や性生活を見直しながら、根気よく問題点を改善していくのが大切です。


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2013 TFC Thai Fertility Center
2013-01-07
このページのトップへ