歴史が長い卵子提供エージェント、TFC。マレーシアでの卵子提供、タイでの着床前診断。

Sample site
お申し込み・お問い合わせ

不育症(習慣性流産)とは?

「不育症」という言葉、聞いたことがありますか?
一般的に不妊症というのは、受精しない・受精しても着床せず妊娠に至らない、という状態を指しますが、「不育症」というのは、妊娠に至ってもお腹の中で赤ちゃんが育たずに流産や死産を繰り返してしまう状態を指します。
「習慣性流産」と言われることもあります。
妊娠するのに3回以上流産を繰り返した場合は、不育症を疑う必要があるでしょう。

では不育症の原因にはどんなものがあるのでしょうか?

①子宮異常
子宮奇形、子宮筋腫、頚管無力症、子宮腔癒着症など

②内分泌異常
高プロラクチン血症、甲状腺機能異常、糖尿病

③免疫異常
抗リン脂質抗体症候群、自己免疫疾患、同種免疫異常

④夫婦の染色体異常

不育症に対する対処方法は、原因によって変わってきます。
免疫異常などの場合には薬物治療が中心となりますし、子宮に異常がある場合には外科手術などが必要なケースもあります。

不育症の検査や診断・治療は、一般には不妊症の治療を行っている医師があたっていることが多いのですが、不育症は高度で専門的な知識が必要なため、不育症に詳しい医師の診断や検査・治療を受けることをお勧めします。


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2013 TFC Thai Fertility Center
2013-02-19
このページのトップへ