歴史が長い卵子提供エージェント、TFC。マレーシアでの卵子提供、タイでの着床前診断。

Sample site
お申し込み・お問い合わせ

ブライダルチェックとは?

一般婦人科検診のことを「ブライダルチェック」と呼ぶ婦人科もありますが、これは結婚が決まったから受ける資格があるという訳ではなく、どなたでも受診が可能です。
自分自身の「妊娠・出産力」を確認するためと健康のためにも、いちどは婦人科検診を受けることをお勧め致します。

では、どのような検査内容なのでしょうか?

[問診]
定期的な周期があるか、出血量や生理痛の度合いなど、生理の状態についての確認です。
自分で気づいた点を受診時に医師に知らせましょう。
また、受診時にすぐに答えられるよう、前回の生理開始日と普段の生理周期の日数を計算しておくとよいでしょう。

[診察]
膣からの検診や触診などで、子宮筋腫やポリープの有無など確認します。
子宮筋腫などは日常生活にまったく悪影響を及ぼすことがない場合もありますが、妊娠を望む際は筋腫の位置や大きさによっては着床を妨げる場合もあります。
また、超音波検診では子宮の状態及び卵巣の状態を調べます。

[血液検査]
ホルモンの状態や感染症の有無などを確認します。
クラミジアなどは、通常感染しても自覚症状がないので、放置された状態が続くと不妊症につながることがあります。
その他、必要に応じてほかの血液検査も進められることもありますので、担当医とよく相談しましょう。

[子宮頸がん検査]
子宮の粘膜を採取し、子宮頸がんの検査を行います。
子宮頸がんは、妊娠の機会を失う場合や命を落とすことにもつながります。
若い女性の発症率は増加傾向にあるので、20代の頃から1年ごとに検査をし、子宮頸がん予防ワクチン接種もお勧め致します。

一般的には上記の通りですが、すぐに子どもが欲しい方はその旨をはっきりと医師に伝え、積極的に進められるように医師と必要な検査について相談しましょう。


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2013 TFC Thai Fertility Center
2012-11-08
このページのトップへ